小笠原歯科診療所

福井市の小笠原歯科診療所

<管理人の戯言>

福井県福井市にある小笠原歯科診療所では、国際的に認められたインプラント治療を行っています。その治療法とは、特許を取得したオガ・インプラント治療です。
また日本の歯科医療では稀な本当の意味での正式な歯科医療を行っている唯一の歯科診療施設と言えます。他の歯医者さん行ったけれども何度も治療でてもいまいち納得がいくような結果にならなかった人や、しっかりとした耐久性や、下の健康だったころの歯の状態に限りなく近い歯科医療を探している人、美容の面から考えても美しさをしっかりと取り戻したい人、若返りたい人、国内の歯学部附属病院水準の保険レベルの治療では納得がいかない人など、県外からもたくさんの人が訪れています。小笠原歯科診療所では、正則歯科医療を提供しています。従来の全寒天印象法や、患者の個人の下顎運動測定値の利用、生活歯髄保存療法、歯周病の噛み合わせ矯正治療などなど、といった国内ではどこでも実施されていない、唯一の治療法を実施しています。また、国内のほとんどの歯科医院では先進国30カ国にも存在しない、柔らかく耐久性のない代用銀合金で歯冠修復物を制作しています。
福井県福井市の小笠原歯科診療所では、保険制度には全く規制されていない自由な存在から、世界標準の正則歯科医療を提供できています。インプラント治療においては、1976年から37年間の間に1万3,000本の実績があります。このインプラント治療においては国際的な特許取得しています。何よりも確実な技術を求め日本中から患者さんが訪れています。いインプラント治療における費用においても、従来の料金よりかなり安くなっています。私の友人もそうでしたが、インプラント治療は、しっかりと納得した上できちんとした実績があり、後々のメンテナンスもきちんと行ってくれる信頼できるインプラント治療院を選ぶことができないと大変なことになります。まず納得がいかないと言う時点で将来的にかなり問題があります。いくら家の近くでインプラント治療が行われているからといって、気軽に行ってそこで行ってしまおうと安易に決めてしまうのはとても危険だということです。高額な費用がかかってしまうのはもちろん、メンテナンスにおいて保証がきちんとされていない場合、それ以降の追加費用もとても問題になってきます。何よりもきちんとした資格が用意されていないインプラント治療なので、各治療院の技術にさが出てきます。なによりも実績が重要になってくるということです。小笠原歯科診療所は、実績と言う面では、とても自信を持っており、大都市名古屋、横浜、京都、大阪、神戸、といった場所であっても先進国近いしは1人も開業していないとしています。つまり、一般的な歯医者さんでは、治療がメインであり、正式な医療ではないと言うことになります。小笠原歯科診療所では、保険診療クオリティーではない、先進国水準を超えた正式な治療方法を行っています。インプラント治療の実績はとても早く、インプラント治療が始まった当初から行われています。その中でも小笠原歯科診療所だけのオガ・インプラントは1961年に、パリで開発されたものに、独自の企業を加えて1992年に完成した特許インプラント法になります。日本の中だけではなく、世界的に評価の高いインプラント方になっています。生まれ持った歯のようなもともとのしっかりとした機能性を回復することが可能になっています。耐久性や、見た目の印象の回復にも大きく貢献できています。
インプラント治療においては、それなりの期間が必要になってきます。長く通ことになるわけですので、しっかりと納得いった歯科医院を選ぶことがとても大切です。
福井県福井市の小笠原歯科診療所には、家の近くの歯科医院で納得のいったインプラント治療を受けることができなかった人が、セカンドオピニオンのようにかけ込むことが多いようです。福井県と言う離れた土地でありながら、東京や大阪といった内地からもたくさんの患者さんが訪れているようです。

虫歯と言っていってもいろいろな種類が存在します。

 

 

 

もちろん基本的には痛みの存在する虫歯がほとんどになりますが、
はじめの頃の虫歯と、神経が死んでしまった虫歯の場合はほとんど痛みを感じないとされています。

 

 

 

歯の1番外側にあるエナメル質にとどまってしまっている虫歯であれば、
まず痛みは存在しません。
この状態ならば削らないても大丈夫です。

 

 

 

しかしながら、これ以上虫歯が進まないように、歯磨きを始めとする、
口の中のケアをしっかりおこなわなくてはなりません。

 

 

 

定期的に歯医者さんに通って経過観察をすることも重要です。

 

 

 

治療に置いて抜いてしまった歯の側の虫歯になっていることはとても多いとされています。
ですがこの虫歯の場合進行がとても遅いとされているので経過観察がとても重要になってきます。

 

 

 

一方、進行してしまった深刻な虫歯の場合も痛まないとされています。

 

 

 

進行中はかなり痛むことになりますが、虫歯が象牙質をさらに破壊してしまい、
神経のある歯髄にまで到達してしまうと歯の神経は死んでしまったり腐ったりするので痛みがなくなってしまうのです。

 

 

 

 

痛みがなくなってしまったからといってこのまま放置しておくのはとても危険です。
いちど痛んだ部分があるのであれば歯医者さんに行ったときにその部分をしっかりと見てもらうことが重要です。

 

 

 

 

まず見た目的にかなりの大きな穴が空いてることになりますので見逃す事は無いかと思いますが、
まずは歯医者さんに行かないという判断が1番危険です。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/26 01:35:26

虫歯治療の基本的な部分は、虫歯菌によって悪くなった部分を取り除き壊れてしまった歯を元の形に戻し、
そこから菌が入らないようにする事です。

 

 

 

しかしながら以前までは、小さな穴に、充填物をきっちりと詰める技術が確立されていなかったため、
歯の悪い部分だけではなく、健康的な部分まで大きく削る必要がありました。

 

 

 

そして俺はいちど削ってしまうと、以前治療した場所にまで再び虫歯になることが多く、
再び治療をするたびに削る範囲がどんどん大きくなってしまい、神経を抜いてあり、最終的に歯を抜かなくてはならないことも多いのです。

 

 

 

そのため現在の歯科医療ではできるだけ削らないで施して行くといった面がとても大きな考え方になっています。
虫歯とは、細菌によって引き起こされる感染症です。

 

 

 

口の中には、とてつもなく多くの常在菌が存在しています。
虫歯菌、歯周病菌を含む常在菌のいくつかは、バイオフィルムという塊を作っています。

 

 

 

虫歯菌が増える基本的な原因としては、食事として口の中に入ってきた糖質があります。
糖質を分解したときに酸を出します。
この酸がバイオフィルムの中に溜まり、歯の表面を溶かしていくことになります。

 

 

 

そのため、虫歯や歯周病予防にはこういったバイオフィルムを取り除くことが重要になってきます。
もちろん歯ブラシを使って歯磨きで食する必要があります。

 

 

 

ですが自分で磨くだけではイマイチきちんと取ることができないのも事実だことです。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/26 00:24:26

そもそも食べる行為というのは噛むことが中心になってきます。
私たちが生きていくものにとっては基本となる行為なります。

 

 

 

あらゆる面でかむと言うことが私たちの健康に対して深く関わっていることがわかってきました。
お年寄りがいればになって自分の歯でかめなくなってしまうと認知症が進行するということが疫学的に理解されてきました。

 

 

 

噛むことを行うことによって私たちは脳へ刺激を送っています。
これによって脳の血流の量が増加し、脳は活性化されていくのです。

 

 

食べると言う簡単な動作になりますが、顎の筋肉を犯し、
食べ物の方さや柔らかさ、あらゆる感覚を五感にさまざまな刺激を与えます。

 

 

このような刺激によって脳が活性化され、血流量が増えるのです。

 

という事はしっかりとよく噛んで食べる事は脳の流量を増やして
動脈硬化や脳梗塞、認知症などの予防にもつながるとされています。

 

 

 

子供がきちんと噛むことができていると頭が良くなると言ううわさも
脳の発達が促されると言う理由からです。

 

 

またかむと言う行為には、ストレス発散の役割も存在します。
大リーガーの選手がガムを噛みながらピッチングするという場合がありますが、
これも緊張をほぐし集中力を高めると言う役目があります。

 

 

 

普段なんとなく噛んでいるという動作にも様々な大切な役割があることがわかります。
咀嚼力は生きる力を生み出すといっても過言ではないでしょう。

 

 

インプラントは失われてしまった咀嚼力を回復することができる唯一の治療法になります。
インプラントによって天然の自分の歯のようにかむことができるようになって人生が変わったと言う方もとても多いのです。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/26 00:20:26

日常的にとても忙しいので、なかなかクリニックに通うことができないという方も少なくないのではないでしょうか。
できるだけ治療期間が短いインプラントがあればそれに越した事はありませんよね。

 

歯医者が好きではない人もたくさんいると思いますし。

 

治療期間が1番短いインプラント治療としては、オールオン4や即日完成インプラントと言う方法があります。

 

 

インプラントの手術をしたその日に固定制の仮のはを入れることが可能なので、
今までと同じように普通に食事ができるようになります。

 

 

手術をしたその日に今まで通り噛めると言う点では最も早い治療法といえます。
また、オールオン4は、骨の移植などもする必要がないため、治療期間も3ヶ月から4ヶ月短くするかとが可能です。

 

 

治療期間が短くて済むと言う事は精神的な負担が減るのでかなり楽になるかと思います。
なおかつ治療したすぐその日に今まで通りの食事が取れるというのはとても大きなメリットです。

 

 

もちろん仮の歯になるので見た目の違いは出てきますが、それほど目立つわけではありません。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/21 00:24:21

総入れ歯を使っている方の場合、全くはが残っていないということになります。
この状態でインプラント治療を行えるのか不安になっている方も多いかと思います。

 

 

ですが失われた歯の本数はインプラント治療においては全く問題になりません。
全く歯がない場合は上顎、した顎に5本からろっぽんのインプラントを挿入し、
このインプラントによって上部構造である人工の歯を支えることになります。

 

 

患者が取り外しができるものと、担当医が外すことができるものがありますが、
どちらも総入れ歯とは異なり、しっかりと顎の骨に固定されるので食事や会話で困ることはありません。

 

 

全くはがないケースの場合、最近ではオールオン4という技術があります。
これは4本のインプラントで上部構造を支えるシステムになります。

 

手術当日から固定制の仮歯を入れることができるので、
食事を普通にすることが可能です。
必要最小限の本数で最大の効果を上げることができるインプラントとして、世界的に急速に普及しています。

 

 

その他にも様々な技術が発達しつつあるので、
まずは最先端の技術を取り入れているクリニックを選ぶことから始めましょう。自分の歯の感覚状態をしっかりと把握し、それを正しく伝え、納得した上で治療を開始するのが良いでしょう。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/21 00:23:21

インプラント治療を行うことによって見た目が自然になってしまうのではないかと心配されてる方がいらっしゃいます。

 

今までのインプラント治療では、人口の歯が異常に長くなってしまった、
インプラント体が歯茎のところから見えてしまって付けているのがバレばれになってしまうということも多少はありました。

 

 

この状態は顎の骨の高さや幅が足りていないにもかかわらず
何の対策もしないで摘まインプラント体をうめ込んでしまうということが行われていたからです。

 

 

しかしながら、現在は骨の移植などによって顎の骨を10分に増やすテクニックが使えるようになり、
自然の歯と変わらない位の仕上がりができるようになっています。

 

 

しかしながら、すべてのインプラントいいが増骨技術をしっかりと身に付けているわけではないため、
患者の想像とは違ったインプラントがはいってしまうことも起こっています。

 

 

そのためインプラント行うクリニックをきちんと選ぶ事はとても重要になってきます。
価格がいろいろな部分が設定されているので、そこで選ぶのではなく、あくまで技術と信頼性で選ぶことが重要です。

 

 

日レスが多いのであれば、
やはり経験があると言うことなのでそこら辺で選んでみても良いかもしれません。

 

何よりも口コミが確認できるのであればそれが重要であるとも言えます。
慎重にクリニックの技術を把握した上で納得できる選び方をするようにしましょう。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談

続きを読む≫ 2014/11/21 00:21:21