咀嚼力低下原因

インプラント

そもそも食べる行為というのは噛むことが中心になってきます。
私たちが生きていくものにとっては基本となる行為なります。

 

 

 

あらゆる面でかむと言うことが私たちの健康に対して深く関わっていることがわかってきました。
お年寄りがいればになって自分の歯でかめなくなってしまうと認知症が進行するということが疫学的に理解されてきました。

 

 

 

噛むことを行うことによって私たちは脳へ刺激を送っています。
これによって脳の血流の量が増加し、脳は活性化されていくのです。

 

 

食べると言う簡単な動作になりますが、顎の筋肉を犯し、
食べ物の方さや柔らかさ、あらゆる感覚を五感にさまざまな刺激を与えます。

 

 

このような刺激によって脳が活性化され、血流量が増えるのです。

 

という事はしっかりとよく噛んで食べる事は脳の流量を増やして
動脈硬化や脳梗塞、認知症などの予防にもつながるとされています。

 

 

 

子供がきちんと噛むことができていると頭が良くなると言ううわさも
脳の発達が促されると言う理由からです。

 

 

またかむと言う行為には、ストレス発散の役割も存在します。
大リーガーの選手がガムを噛みながらピッチングするという場合がありますが、
これも緊張をほぐし集中力を高めると言う役目があります。

 

 

 

普段なんとなく噛んでいるという動作にも様々な大切な役割があることがわかります。
咀嚼力は生きる力を生み出すといっても過言ではないでしょう。

 

 

インプラントは失われてしまった咀嚼力を回復することができる唯一の治療法になります。
インプラントによって天然の自分の歯のようにかむことができるようになって人生が変わったと言う方もとても多いのです。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談