虫歯とは

感染症

虫歯治療の基本的な部分は、虫歯菌によって悪くなった部分を取り除き壊れてしまった歯を元の形に戻し、
そこから菌が入らないようにする事です。

 

 

 

しかしながら以前までは、小さな穴に、充填物をきっちりと詰める技術が確立されていなかったため、
歯の悪い部分だけではなく、健康的な部分まで大きく削る必要がありました。

 

 

 

そして俺はいちど削ってしまうと、以前治療した場所にまで再び虫歯になることが多く、
再び治療をするたびに削る範囲がどんどん大きくなってしまい、神経を抜いてあり、最終的に歯を抜かなくてはならないことも多いのです。

 

 

 

そのため現在の歯科医療ではできるだけ削らないで施して行くといった面がとても大きな考え方になっています。
虫歯とは、細菌によって引き起こされる感染症です。

 

 

 

口の中には、とてつもなく多くの常在菌が存在しています。
虫歯菌、歯周病菌を含む常在菌のいくつかは、バイオフィルムという塊を作っています。

 

 

 

虫歯菌が増える基本的な原因としては、食事として口の中に入ってきた糖質があります。
糖質を分解したときに酸を出します。
この酸がバイオフィルムの中に溜まり、歯の表面を溶かしていくことになります。

 

 

 

そのため、虫歯や歯周病予防にはこういったバイオフィルムを取り除くことが重要になってきます。
もちろん歯ブラシを使って歯磨きで食する必要があります。

 

 

 

ですが自分で磨くだけではイマイチきちんと取ることができないのも事実だことです。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談