痛くない虫歯

経過観察

虫歯と言っていってもいろいろな種類が存在します。

 

 

 

もちろん基本的には痛みの存在する虫歯がほとんどになりますが、
はじめの頃の虫歯と、神経が死んでしまった虫歯の場合はほとんど痛みを感じないとされています。

 

 

 

歯の1番外側にあるエナメル質にとどまってしまっている虫歯であれば、
まず痛みは存在しません。
この状態ならば削らないても大丈夫です。

 

 

 

しかしながら、これ以上虫歯が進まないように、歯磨きを始めとする、
口の中のケアをしっかりおこなわなくてはなりません。

 

 

 

定期的に歯医者さんに通って経過観察をすることも重要です。

 

 

 

治療に置いて抜いてしまった歯の側の虫歯になっていることはとても多いとされています。
ですがこの虫歯の場合進行がとても遅いとされているので経過観察がとても重要になってきます。

 

 

 

一方、進行してしまった深刻な虫歯の場合も痛まないとされています。

 

 

 

進行中はかなり痛むことになりますが、虫歯が象牙質をさらに破壊してしまい、
神経のある歯髄にまで到達してしまうと歯の神経は死んでしまったり腐ったりするので痛みがなくなってしまうのです。

 

 

 

 

痛みがなくなってしまったからといってこのまま放置しておくのはとても危険です。
いちど痛んだ部分があるのであれば歯医者さんに行ったときにその部分をしっかりと見てもらうことが重要です。

 

 

 

 

まず見た目的にかなりの大きな穴が空いてることになりますので見逃す事は無いかと思いますが、
まずは歯医者さんに行かないという判断が1番危険です。

 

 

福井県福井市小笠原歯科インプラント治療〜フリーダイアル相談